四年制大学設置認可申請中

岐阜保健短期大学

トップページ>四年制大学設置認可申請中

岐阜保健短期大学は、
2019年4月、岐阜県岐阜市に
看護学部
の設置を予定しています。

看護大学看護学部の設置認可により2019度以降
「岐阜保健大学(仮称)」
に大学名の変更を予定しています。

岐阜保健大学看護学部(設置認可申請中)

生まれ変わる岐阜保健大学看護学部
(医療人育成センター)
 1.シミュレーションセンターを設置した教育プログラム開発

全国的にもめずらしい施設で、新たな教育方法として、臨床現場をリアルに再現した環境において知識と技術を「統合する力」を培います。

看護学部独自のシミュレーションセンターの設置
東海地域で、はじめての看護実践教育の場として、大学内に設置。
1年生の実技の場面から、患者に対する技術提供をイメージでき、授業の振り返りを教員はじめ学生、7台のカメラの収録から一人一人のレベルに合わせた指導ができるセンターである。
 2.研修センター

生涯にわたって研鑽しつづける姿勢をもち、科学的研究に寄与する次の4研究センターを設置する。地域住民や学外の医療職者、研究者の参加を得て看護分野の教育研究組織の整備と充実に努めるとともに地域社会に貢献する大学を目指します。

(1) 岐阜保健大学認知予防センター
(2) 大学発ネウボラ(継続)母子支援センター
(3) 多文化共生・多様性健康推進センター
(4) 他職種連携実践センター
 3.看護師国家試験に全員合格を目指す、万全のバックアップ体制

岐阜保健大学(仮称)看護学部看護学科は、少人数制でアドバイザーによる徹底した個別指導を行い、国家試験合格を目指します。

 4. キャリアデザイン室の設置

就職相談コーナー(個室でプライバシーを重んじたあなたのための相談 看護の社会的貢献にふさわしい教授の配置)