岐阜保健大学・岐阜保健短期大学

menu

看護学科(短期大学)

全日制3年 共学

幅広い知識と国際的視野を持った看護師を育成します

今、社会は大きく変わろうとしています。
少子・超高齢時代を迎え、看護に対する人々のニーズも高くなり「より豊かに」「より幸せに」生きたいと願うのは、人間の基本的な欲求です。本学部では、そのような社会で求められる有能な看護師の育成に全力を注ぎます。人間性豊かな看護師となるために必要な知識および高度な技術を専門的に教育し、社会に貢献できる人材を育成します。人と人とのふれあいの中で生まれる人間関係を大切にし、人々のために役に立ちたいと真に願うみなさんの入学を待っています。

看護師の仕事とは?

医療現場において、医師が患者を診療する際の補助、病気や障がいを持つ人々の日常生活における援助、疾病の予防や健康の維持増進を目的とした指導を行います。また、患者に対する看護計画の立案、病院の運営への参画、地域の人々との交流など、自らが工夫し働きかける仕事もたくさんあります。今や活躍の場は医療現場のみにとどまらず、福祉分野などからも幅広く人材が求められています。近年は外国籍患者の増加や、医療や福祉の現場での国際的な人材交流もあり、よりグローバルな視点に立つことが求められています。

看護師は高い倫理性と専門性が求められる職業です。
本学部のカリキュラムの目標は、グローバルな視野と科学的根拠にもとづいて思考し、判断し、行動できる看護師を育成することです。
4年間の学修を通して看護の専門的知識·技術の修得とともに、幅広い教養と人間性を培います。「人々に安心していただける看護実践力」をめざす皆さんを、私たちは力強くサポートします。

看護学科の3つの特色

トータルに優れた医療人を養成
看護の対象である人間を全人的に理解し、良好な関係を築くことができる人間性と、対象の問題を科学的根拠に基づいて解決に導く知識・技術・態度を備え、保健医療チームとの連携・協力ができ、自己の能力向上のため常に努力する看護師を育成します。
実際に働く現場を意識した学修内容
地域の文化や生活習慣を理解し、地域の病院や高齢者施設および在宅看護の場で活躍できる看護師を育成します。
実践力を高める指導体制
"看護の実践力"に重点を置いた教育の効果を上げるため、看護実習室の充実と臨地実習の指導に十分な教員を配置し、指導体制を整えています。

看護師になるには

3年間の教育を通して確かな力を身につけて卒業し、国家試験に合格すると、病院などの医療機関で看護師として、地域の訪問看護師として、また高齢者保健福祉施設などの看護師として活躍することはもちろん、更なる資格取得を目指す進学の道も開かれています。

看護師へのステップ

臨地実習施設の紹介

「地域に根ざした実践者として活躍できる看護師の育成」をめざして、高度な専門的治療を担う総合病院や近隣の地域と密着した施設等で実習します。現場の臨床指導者と本学の専任教員が協働しサポートを行います。