岐阜保健短期大学

岐阜保健短期大学

トップページ キャンパスライフ-在学生の声

キャンパスライフ在校生の声

在学生の声
山本 帆乃実
学 科 看護学科
出身校 済美高等学校
氏 名 山本 帆乃実

私が看護師を目指したきっかけは、看護師として働いている母が患者さんから笑顔でお礼を言われている姿を見たことです。そこから、「患者さんのこころに寄り添い、誰からも信頼される看護師になりたい」と思い、看護師という仕事にすごく興味を持ちました。
 高校でも看護学を学んでいましたが、さらに深く学び、より多くの知識を身につけたいと思い、岐阜保健短期大学に入学しました。大学では、授業後に同じクラスの仲間と一緒に国家試験対策やテストの勉強をコツコツと行い、毎日を過ごしています。この大学は、チューター制度があるため、いつでもチューター教員に相談することができる環境となっています。また、チューター以外の先生でも、優しい先生ばかりなため、とても心強い支えになっています。これからも、仲間と一緒に日々学習し、国家試験合格に向けて努力していきたいです。


白川 真凛
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
出身校 岐阜県立 益田清風高等学校
氏 名 白川 真凛

私は高校2年生の夏期休暇に理学療法の1日体験に参加したことがきっかけで理学療法士を目指そうと決意しました。
 先生と学生との交流が深い本校に魅力を感じ、入学しました。実際に先生方は放課後に勉強を見てくださったり、休み時間に理解するまで説明してくださったりと私たちを全力でサポートしてくださっています。この恵まれた環境に感謝し、目標に向かって知識・技能を身につけて行こうと思います。


工藤 千佳
学 科 リハビリテーション学科
作業療法学専攻
出身校 岐阜県立 東濃実業高等学校
氏 名 工藤 千佳

私は高校生の時に、病院での職業体験を通して作業療法士という仕事を知り、興味をもちました。そして、患者様に合わせて様々な面からアプローチを行う作業療法士になりたいと思うようになりました。本校は、学生一人ひとりに向き合い、サポートしてくださる先生方の下で、3年間で効率よく国家試験に向けた勉強ができるということが魅力だと思います。同じ目標を持つ仲間とともに、今後も努力していきたいです。


卒業生のメッセージ
小野木杏奈
学 科 看護学科
平成29年3月卒業
出身校 関商工高校
氏 名 小野木 杏奈
勤務先 岐阜県総合医療センター

私は、3年間を通して、実習が一番印象に残っています。3年生では、実習ばかりの日々が続いて身体的、精神的に苦しい時もありましたが、グループメンバーや先生方から助言を頂いて乗り越えることができました。国家試験を受けて、講義や実習を一つ一つ大切にすることが知識や経験につながると思いました。一日一日を大切に過ごして下さい。


田中篤乙
学 科 看護学科
平成29年3月卒業
出身校 大垣西高校
氏 名 田中 篤乙
勤務先 岐阜ハートセンター

私は、看護師にチャレンジして本当に良かったと感じています。介護の仕事を何年かしていましたが、毎日もどかしさを痛感していました。この3年間は、私にとって色々な意味で大変な苦痛でした。しかし、クラスの仲間とお互いを高めあい、実習や国試を乗り切ることができました。今回の国試は、今まで以上に難しかったです。日々の積み重ねが大事だと思うのでこれから挑戦する方は、遅くても3年生の前半からコツコツやるといいと思います。


山田 司
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
平成29年3月卒業
出身校 山県高校
氏 名 山田 司
勤務先 高浜整形外科リウマチクリニック

本学では、医療従事者にとって大切なことを講義や実習を通して、いくつも学びました。実習では苦戦することもありましたが、講義や教科書から得られる知識はもちろんのことですが、患者様の状態や変化をよく見ることで、本当に大事なことが何か分かることに気づきました。今後、理学療法士として働いていく上で、このことを忘れず精進していこうと思います。


小澤悠花
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
平成29年3月卒業
出身校 加茂農林高校
氏 名 小澤 悠花
勤務先 やまもと整形外科

過密なカリキュラムで毎日追われるように勉強してきました。農業科出身ということでついていけるか不安でしたが、そんな不安も吹き飛ぶくらい初めての事ばかりでした。先生との距離が近いので、レポートや実習中に困った時にはすぐ質問ができ、簡潔明瞭な回答が返ってくるので、とても清々しい思いで困難を乗り越えてきました。理学療法士になる「近道」である母校 ギホタン。たくさんの後輩がギホタンで学ばれる事を願っています。


豊田みのり
学 科 リハビリテーション学科
作業療法学専攻
平成29年3月卒業
出身校 大垣桜高校
氏 名 豊田 みのり
勤務先 山田病院

私は、岐阜保健短期大学で人と関わることの奥深さや楽しさ、大変さを学びました。座学では、専門的な智識や技術を学び、計4回ある臨床実習では臨床ならではの体験・経験をさせていただきました。大変なこともありましたが、クラスの方や先生方の支えのおかげで乗り越えることができました。そして、作業療法士としてのやりがいや素晴らしさを感じることができた3年間となりました。臨床でも一所懸命頑張って行きたいです。


市原竜也
学 科 リハビリテーション学科
作業療法学専攻
平成29年3月卒業
出身校 富田高校
氏 名 市原 竜也
勤務先 一宮西病院

私は、岐阜保健短期大学に入学し、多くの事を学び体験することができました。その中で様々な事を、学んでいく内に私の中でさらに作業療法士になりたいという思いになりました。たまたまわからない所や疑問に思った所に対しては、質問のしやすい環境と先生方の手厚いサポートのお陰で学ぶことの楽しさをこの学校で知ることが出来ました。卒業後はこの学校で学んだ事を活かし、素晴らしい医療従事者になりたいと思います。


学 科 看護学科
出身校 名古屋女子大学高等学校
氏 名 今村 友奈

3年間の学生生活が終了し、無事に卒業することができました。
 1、2年に比べて3年では、実習期間が長くなり、一人の患者さんとより深く関わることができました。
大変だと思っていた実習も、先生方・チームの仲間・スタッフの方々の支えと患者さんの笑顔や、「ありがとう」、「頑張ってね」など一つ一つの言葉が私の原動力となって実習を乗り越えるたびに看護の魅力が深まりました。
 春から看護師として働く中で辛いことや大きな壁と向き合うことが多くあると思いますが、この3年間で得られた経験を活かして、これからもっと成長していきたいです。


安藤雅敏
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
出身校 岐阜県立 大垣東高等学校
前橋市立 前橋工科大学
氏 名 安藤 雅敏

32歳の私は、社会人で妻子がいましたが、岐阜保健短期大学への入学を決意しました。先生の支援とクラスメイトの励まし、そして家族の理解により卒業ができました。短大では療法士になるための専門講義が数多く用意されています。全ての講義が療法士として必要な内容であり、実習や国家試験やがては臨床に結びつきます。そのため、短大の限られた3年間を有効に使うために各講義を大切に受けることが重要です。


森山寛基
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
出身校 愛知県立 一宮北高等学校
氏 名 森山 寛基

僕はこの学校に入学し、学ぶことの楽しさを知ることが出来ました。分からないことなどを親切に指導して下さった先生方や、苦難を共にし、お互いに高め合えた大きな志を持った友人達がいたこの学校だからこそ、僕はここまで成長できたのだと思っています。これからは多くの患者さんと関わっていくと思いますが、この3年間で培った知識を臨床の場でも活かしていき、理学療法士としての責任をもって精進していきたいと思います。


滝吉由菜
学 科 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
出身校 青森明の星高等学校
氏 名 滝吉 由菜

私は、岐阜保健短期大学で医療従事者にとって大切なことを学びました。それは、患者さまを大切に思うこと、解剖学・生理学の知識や理学療法の技術の重要さです。臨床実習では、医療における厳しさや喜びを学びました。先生方の手厚いサポートや友人たちの助けもあり、無事に理学療法士になることが出来ました。この学校に入学して皆さんも楽しい学校生活を送り、理学療法士になりませんか!