岐阜保健短期大学

トップページ >看護学科-教育理念・教育目標

作業療法学専攻-教育理念・教育目標

教育理念

生命の尊厳と人間尊重の視点に立った、豊かな人間性と幅広い教養を基盤とし、深い専門知識・技術を身に付けた総合的な判断力と、常に自己研鑚をし続ける意欲を持った看護師の育成を目指すものである。併せて、地域に根ざした実践者として地域の保健・医療・福祉の向上に貢献する。

教育目標
  1. 生命の尊厳について深く理解し、人間の痛みや苦しみ、喜びを共感できる心を持ち、人としての権利を尊重
      して行動できる豊かな人間性を養う。
  2. 人間、健康、環境、看護実践に関する専門的知識・技術を修得し、科学的な根拠に基づいた判断と問題解決
      行動がとれる基礎的能力を養う。
  3. ライフサイクルの各期、健康のあらゆる段階にある対象に応じた看護を実践するため、患者・家族との良
      好な人間関係を確立する能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉にかかわる人々と連携・協力し、看護の責任ある実施と共にチームの調整的役割を果た
      す能力を養う。
  5. 社会の変化や医療・看護の進歩に対応して積極的に自己学習する能力を養う。
看護学科からのメッセージ

看護師は高い倫理性と専門性が求められる職業です。

本学のカリキュラムは看護師国家試験受験資格を満たすものですが、その目標は、グローバルな姿勢と科学的根拠にもとづいて思考し、判断し、行動できる人になることです。3年間の学習を通して看護の専門的知識・技術の修得と共に、幅広い教養と人間性を養うことが必要です。学内における学びだけでなく、現実に看護が行われている病院等の場で、あなた自身が看護を行う臨地実習をとおしても学びます。

「人々に安心していただける看護実践力を!!」をめざすあなたを、私たちは力強く最後までサポートします。さあ、私たちと一緒に看護を勉強しましょう。