岐阜保健短期大学

岐阜保健短期大学

トップページ >看護学科-教員紹介

看護学科教員紹介

河田 美紀 永井 博弌 野田 みや子 高木 繁子 岩久 文彦 森口 信子
石田 美知 山本 澄子 清水 きよ子 織田 龍美 水木 幸子 浅井 佳士
池田 雅志 岩島 隆 林 知義 則竹 翔 岩田 しずか 佐々木 智恵
久保田 里奈 高木 由美 安田 仁代 長谷川 優子 五島 敬子 西部 直美
氏  名 河田 美紀 (カワダ ミキ)
職  位 学長 教授
学位・医療資格 博士(医学) 岐阜大学大学院医学研究科内科系専攻
日本内科学会認定内科医、日本呼吸器学会呼吸器専門医
担当科目 成人高齢者疾病治療論Ⅰ・Ⅱ、放射線治療論
主な論文
1
予後からみた肺癌検診の意義--岐阜市民病院呼吸器科、岐阜大学第二内科
 岐阜県内科医会雑誌 第11巻別冊
2
慢性閉塞性肺疾患におけるOxitropium Bromode 高用量追加吸入の効果
 岐阜市民病院呼吸器科,岐阜大学医学部第二内科
      Therapeutic Resarch Vol.18 no.3 ライフサイエンス出版
3
呼吸器系の基礎疾患を有する高齢者の呼吸器二次感染症に対する
Sublbactam/Cefoperrazoneの臨床効果
 岐阜市民病院呼吸器科、澤田病院内科
 財団法人日本抗生物質学術協議会The Japaneze Journal of Antibitics
    The Japaneze Journal of Antibitics Vol.49, 710~714 1996
4
気管支鏡検査時の指尖動脈血酸素飽和度モニタリングについて
 岐阜市民病院呼吸器科、山内ホスピタル内科
    Reprinted from Annual of Gifu Municipal Hospital No.16 November、1996
5
Menghini式吸引生検針(surecut)による組織診断成績と改良型モデルの問題点
 岐阜市民病院呼吸器科、澤田病院内科
    Reprinted from Annual of Gifu Municipal Hospital No.16 November、1996
6
小細胞肺癌におけるpro-GRPの腫瘍マーカーとしての意義
 岐阜市民病院呼吸器科
    Reprinted from Annual of Gifu Municipal Hospital No.16 November、1996
7
気管支鏡下エタノール注入療法が奏功した転移性肺癌による気管支閉塞の1症例
 岐阜市民病院呼吸器科
    Reprinted from Annual of Gifu Municipal Hospital No.16 November、1996
8
気管支壁内膿瘍を形成した肺結核の1例
 岐阜市民病院呼吸器科、同検査部
    Reprinted from Annual of Gifu Municipal Hospital No.17 Dceember、1997
9
難治性または反復性の慢性呼吸器疾患2次汚染症に対するシプロフロキサシン
+クラリスロマイシン併用療法の検討
 岐阜市民病院呼吸器科、岐阜大学第二内科
    ANTIBIOTICS&CHEMOTHERAPY Vol.13、No7,117~123
10
Induction of apoptosis by gallic in Lung cancer cells
Yasushi Ohno、Kazunori Fukuda、Genzou Takemura、Miki Toyota、Motohiro Watanabe、Noriko
Yasuda Qiu Xinbin、Rumi Maruyama、Seigou Akao、Kouji Gotou、
Takako Fujikawa and Hisayoshi Fujikawa
Second Department of internal Medicine and Department of
Oriental Medicine、Gifu University School
of Medicine、40 Tsukasa-machi、Gifu 500-8705、Department of Food
Science、Kyoto Women's University、
35 Kitahiyoshi-machi、Kyoto 605-0926、Kyoto、Japan
Anti-Cancer Drugs 1999、10、PP.845-851
11
Anti-tumor effect of gallic acid on LL-2 Lung cancer cells transplanted in mice
Miki Kawada、Yasushi Ohno、Yunmo Ri、Tetsuro Ikoma、Hideyuki
Yuugetu、Toshihiro Asai、Motohiro
Watanabe、Norio Yasuda、Seigou Akao、Genzou Takemura、Shinya
Minatoguchi、Kohshi、HisayoshiFujiwara and Kazunori Fukuda
Second Department of internal Medicine and Department of Oriental
Medicine、Gifu University School
of Medicine、40 Tsukasa-machi、Gifu 500-8705
Anti-Cancer Drugs 2001、12、PP.847-852
所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会
氏  名 永井 博弌 (ナガイ ヒロイチ)
職  位 教授(顧問)
学位・医療資格 博士(薬学) 岐阜薬科大学
担当科目 免疫と感染、解剖生理学Ⅱ
主な論文
1
Nagai H, Yamaguchi S, Tanaka H.The role of interleukin-5 (IL-5) in allergic airway
hyperresponsiveness in mice.Ann N Y Acad Sci. 1996; 796: 91-96.
2
Nagai H, Hiyama H, Matsuo A, Ueda Y, Inagaki N, Kawada K.FK-506 and
cyclosporin A potentiate the IgE antibody production by contact sensitization with
hapten in mice. J Pharmacol Exp Ther. 1997; 283(1): 321-327.
3
Hata D, Kawakami Y, Inagaki N, Lantz CS, Kitamura T, Khan WN,
Maeda-Yamamoto M, Miura T, Han W, Hartman SE, Yao L, Nagai H, Goldfeld AE, Alt
FW, Galli SJ, Witte ON, Kawakami T.Involvement of Bruton's tyrosine kinase in
Fc・RI-dependent mast cell degranulation and cytokine production .J Exp Med.
1998; 187(8): 1235-1247.
4
Nagai H, Ueda Y, Tanaka H, Hirano Y, Nakamura N, Inagaki N, Takatsu K, Kawada
K. Effect of overproduction of interleukin 5 on dinitrofluorobenzene-induced allergic
cutaneous response in mice. J Pharmacol Exp Ther. 1999; 288(1): 43-50.
5
Kawakami Y, Hartman SE, Kinoshita E, Suzuki H, Kitaura J, Yao L, Inagaki N,
Franco A, Hata D, Yamamoto MM, Fukamachi H, Nagai H, Kawakami T.Terreic acid, a
quinone epoxide inhibitor of Bruton's tyrosine kinase. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1999;
96(5): 2227-2232.
6
Shichijo M, Inagaki N, Kimata M, Serizawa I, Saito H, Nagai H. Role of cyclic
3',5'-adenosine monophosphate in the regulation of chemical mediator release and
cytokine production from cultured human mast cells.J Allergy Clin Immunol. 1999;
103(5 Pt 2): S421-428.
7
Matsuoka T, Hirata M, Tanaka H, Takahashi Y, Murata T, Kabashima K, Sugimoto Y,
Kobayashi T, Ushikubi F, Aze Y, Eguchi N, Urade Y, Yoshida N, Kimura K, Mizoguchi A,
Honda Y, Nagai H, Narumiya S. Prostaglandin D2 as a mediator of allergic asthma.
Science 2000; 287(5460): 2013-2017.
8
Murakami M, Yoshihara K, Shimbara S, Lambeau G, Gelb MH, Singer AG, Sawada
M, Inagaki N, Nagai H, Ishihara M, Ishikawa Y, Ishii T, Kudo I. Cellular
arachidonate-releasing function and inflammation-associated expression of group IIF
secretory phospholipase A2. J. Biol. Chem. 2002; 277(21): 19145-19155.
9
Kabashima K, Murata T, Tanaka H, Matsuoka T, Sakata D, Yoshida N, Katagiri K,
Kinashi T, Tanaka T, Miyasaka M, Nagai H, Ushikubi F, Narumiya S.Thromboxane A2
modulates interaction of dendritic cells and T cells and regulates acquired immunity.
Nat Immunol. 2003; 4(7): 694-701.
10
Tanaka H, Komai M, Nagao K, Ishizaki M, Kajiwara D, Takatsu K, Delespesse G,
Nagai H, Role of interleukin-5 and eosinophils in allergen-induced airway remodeling in
mice.  Am J Respir Cell Mol Biol. 2004; 31(1): 62-68.
11
:Kunikata T, Yamane H, Segi E, Matsuoka T, Sugimoto Y, Tanaka S, Tanaka H,
Nagai H, Ichikawa A, Narumiya S.Suppression of allergic inflammation by the
prostaglandin E receptor subtype EP3 .Nature Immunoligy. 2005;6(5): 524-531.
12
Kawakami Y, Inagaki N, Salek-Ardakani S, Kitaura J, Tanaka H, Nagao K,
Kawakami Y, Xiao W, Nagai H, Croft M, Kawakami T. Regulation of denderitic cell
maturation and function by Bruton’s tyrosine kinase via IL-10 and Stat3.
Proc Natl Acad Sci USA. 2006; 103(1): 153-158.
13
Yamashita H, Takahashi K, Tanaka H, Nagai H, Inagaki N. Overcoming food
allergy through acquired tolerance conferred by transfer of Tregs in a murine model.
Allergy. 2012  Feb;67(2):201-9. (その他 325報)
主な総説
1
Nagai H. Recent research and developmental strategy of anti-asthma drugs. Pharmacol
Ther. 2012, 133, 70-78
2
Kurosawa M,Nagai H Accumulation of mast cells in the lesions and Effects of anti-allergic drugs
on the patients with inflammatory Bowel disease: Ulcers,2013,ID714807 1-7
3
永井博弌;スギ花粉症患者に対するHI受容体拮抗薬を用いた初期療法の薬理学的考察、
 アレルギーの臨床 2013、33,17-21
4
Nagai H., Trial for drug discovery from herbal medicine: 日本小児東洋医学会誌、2013,26,9-14
5
Nagai H., Recent advance in immunotherapy for allergic diseases.
 岐阜保健短期大学紀要、2013 (3) 1-7
6
Nagai H, Combined therapy with corticosteroid and long-acting beta-2-agonist in one inhaler
for management of bronchial asthma and chronic obstructive pulmonary disease
 岐阜保健短期大学紀要、2014 (4) 1-7
主な著書 (2000年以降の主要なもの)
総合アレルギー学
共著
2004年
南山堂
最新基礎薬理学
共著
2007年
廣川書店
臨床アレルギー学
共著
2007年
南江堂
薬と疾病
共著
2009年
東京化学同人
(スタンダード薬シリーズ6)
もうアレルギーに苦しまない2
単著
2009年
薬事日報社
賞  罰
2002年
岐阜新聞大賞 学術賞
2003年
和漢医薬学会賞
2009年
日本薬学会 教育賞
所属学会 日本アレルギー学会(名誉会員)、日本薬理学会(永年会員)、和漢医薬学会(名誉会員)、日本免疫学会
日本薬学会、日本炎症再生学会(名誉会員)、CIA(国際アレルギー学会)、国際中薬学会(幹事)、国際喘息学会
氏  名 野田 みや子 (ノダ ミヤコ)
職  位 看護学科 学科長 教授
学位・医療資格 修士(学術) 放送大学大学院文化科学研究科・看護師、助産師(アドバンス助産師)
担当科目 高齢者看護学
主な論文
1
医療職の職務ストレスとバーンアウトに関する考察 修士論文2009年
2
東日本大震災後の福島医療支援にボランテイア活動した助産師の学びと課題 2013年 日本助産学会
3
マタニティ・ヨーガが妊産褥婦の自己効力感、産後うつ症状に与える影響 2014年 日本助産学会
4
妊娠初期からの助産師の支援が妊産褥婦の出産に対する自己効力感・産後うつ症状に与える影響
2014年 愛知県看護学会
5
看護学生の死生観の構築を目指して-ケースメソッド演習後の学生の学びに焦点を当てて
2015年 新潟青陵学会
6
「終末期ケアにおけるIPE・IPWのプログラム開発・実践・評価」2016年 日本福祉大学終末期看護研究会
7
マタニティ・ヨーガが妊産褥婦の自己効力感、産後うつ症状に与える影響
2016年 アジア太平洋地域公衆衛生学会
8
マタニティ・ヨーガが妊産褥婦に与える影響 2016年 日本心身健康科学会
9
クリニックにおける糖尿病教室に積極的に参加した糖尿病患者の特徴
2016年 アジア太平洋地域公衆衛生学会
10
看護短期大学における教育「岐阜の風土と生活」が、学生に与える影響 2016年 岐阜保険短期大学紀要
主な著書
1
マタニティヨーガの妊娠分娩への効果 マタニティヨーガ研究1998、VOL4
2
マタニティヨーガの初産婦への効果 マタニティヨーガ研究2000、VOL5
3
マタニティヨーガ、ペアの体操 マタニティヨーガ研究2002、VOL5
4
DPC導入による外来看護の変化と現状、2009
5
北欧の医療福祉の現状 マタニティヨーガ研究2009、VOL1、33
6
「日本の正常分娩大集合①」「日本の正常分娩大集合②」(共著)、2009
7
周産期ケアマニュアル(共著)、2010
8
愛知県看護協会40周年記念誌(共著)、2015
賞  罰
2001年
愛知県看護協会長表彰
2004年
日本看護協会長表彰
2010年
愛知県知事表彰
2012年
愛知県医師会長感謝状
2013年
日本助産師会長表彰
2013年
ひまわり褒賞受賞
2014年
厚生労働大臣感謝状彰
2014年
愛知県条例表彰受賞
2015年
厚生労働大臣表彰
所属学会 日本看護学会、日本助産学会、日本母性衛生学会、日本疫学会、日本看護倫理学会
愛知県母性衛生学会(理事)、愛知県助産学会、愛知県小児保健研究会、日本心身健康科学会
メッセージ 本学の建学の精神である、"命と向き合う心、知識・技術を持った地域医療に貢献できる医療人の育成"を目標に、看護共育を実践しております。教え育てる"教育"ではなく、共に育つ"共育"をモットーにしており、学生さんから学ばせていただくこともたくさんあります。共に学び、共に育ちましょう!
氏  名 高木 繁子 (タカギ シゲコ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 博士(法学)・看護師
担当科目 成人看護学
主な論文
1
刑事医療過誤における注意義務を中心とした一考察、
朝日大学大学院法学研究論集第5号、2005,3:47-90.
2
看護業務と法的責任―医療過誤における刑事責任と看護業務の一考察、
朝日大学大学院法学研究論集第6号、2006,3:49-83.
3
チーム医療事故における看護師の責任判例をとおしての考察、
朝日大学大学院法学研究論集第7号、2007,3:1-28.
4
チーム医療における看護師の注意義務、朝日大学大学院法学研究論集第8号、2008,3:1-27
5
松井いずみ、岩崎淳子、乙村優、古川美紀子、古田弥生、高木繁子、看護短大生の看護師のイメージ
―基礎看護学実習Ⅰ前後の比較検討―、平成医療短期大学紀要3号、2010,3:52-63.
6
岩崎淳子、松井いずみ、乙村優、古川美紀子、古田弥生、高木繁子、看護短大生の看護師のイメージ
―基礎看護学実習Ⅱ前後の比較検討―、平成医療短期大学紀要4号、2011,3:101-111
7
爪のケアに関する刑事判例の一考察、高木繁子、岩崎淳子、三品弘司、乙村優、
平成医療短期大学紀要5号、2012,3:22-30
8
成人看護学実習における看護診断の傾向、乙村優、岩崎淳子、三品弘司、高木繁子、
平成医療短期大学紀要第5号、2012,3:68-75.
主な著書
1
単著 看護師の法的責任の研究-刑事医療過誤判例における看護師の注意義務を中心として
- 朝日大学法制研究所 2010,3
2
共著 介護職福祉職のための医学用語辞典 中央法規出版 2006.12
3
共著 大矢武史、高木繁子、渡辺濱久:(改定)死刑に関する文献目録集、成文堂出版、2008,3:1-93
所属学会 日本緩和医療学会、日本看護・社会・政策学会、日本看護研究学会
メッセージ これからの日本は、看護師が活躍できる社会が求めていると考えます。
看護師資格を基本に認定看護師・専門看護師・特定行為のできる看護師など看護師への道が広がりました。
自分のなりたい、看護師を目指し看護師になる夢を実現しましょう。
そのためのみなさまの夢を応援します。
氏  名 岩久 文彦 (イワク フミヒコ)
職  位 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 教授
学位・医療資格 博士(農学) 東京農工大学、博士(歯学) 新潟大学・獣医師
担当科目 解剖生理学Ⅰ
主な論文
1
Kin-ya Kubo,Fumihiko Iwaku, KazukoWatanabe,MatufumiFujita、MinoruOnozaka
:Molarless-induced changes of spines in hippocampal Region of SAMP8 mice,.Brain
Research 1057 (2005) 191-195.
2
Kubo Kin-ya,YamadaYukiko,IinumaMitsuo,KogayaYasutoku,IwakuFumihiko, Yasuo
Tamura: Effect of Masticatory Dysfunctionon the Rate of Aging and Life Span in
Senescence-Accelerated Mice (SAMP 8). Journal of Gifu Dental Society 33(2006)111- 115.
3
KuboKin-ya,InagakiYoshinobu,NishidaYoshie,YamadaYukiko,IinumaMitsuo,Iwaku
Fumihiko,TamuraYasuo:TubeFeeding in Aged SAMP1 Mice Decreases the Number of
Dendritic Spines in the Hippocampus.Journal of GifuDental Society 33(2006)106-110
4
NishidaYoshie,InagakiYoshinobu,IinumaMitsuo,TamuraYasuo,KuboKin-ya,Iwaku
Fumihiko:Influence of Tube Feeding on Spatial Memory and Number of Hippocampus
Pyramidal Cells in SAMP1 Mice.Journal of Gifu Dental Society33(2007)185-190.
5
YoshieNishida,MituoIinuma,YasuoTamura,Kin-YaKubo,FumihikoIwaku:Effectof tube feeding on
hippocampal-dependent memory in SAMP1 Mice. PEDIATRIC DENTAL JOURNAL 17(2007)47-52.
6
6Kin-yaKubo,YukikoYamada,MitsuoIinuma,FumihikoIwaku,YayuoTamura,Kazuko
Watanabe,HiroyukiNakamura,MinoruOnozuka:Occulusal disharmony induces spatial memory
impairment and hippocampal neuron degeneration via stress in
SAMP8 mice.Science Direct ?Neuroscience Letters-414(2007)188-191
主な著書
1
歯科学のための解剖学 (B.LIEBGOTT分担翻訳)西村書店、小沢英浩監訳 1,2,3,4,5,10の各章
2
歯科学生のための解剖学実習 (分担執筆)南江堂、小林茂夫他編集、第4章 体幹部実習-背部
3
Scanning clectron microscopy of vascular casts:microvasculature of bone and
bone marrow. (Kulwer Academic Publiher)
4
Scanning Electron Microscopy of Vascular Casts:Methods and Applications
(Editors : P.M.Motta et al.)Kluwer Academic Publisher Chapter12
5
口腔疾患の病理・診断・治療の基礎(分担執筆)株式会社書林
6
口腔診断学 (分担執筆) デンタルダイヤモンド社
7
眞臨床外科全書ー口腔顔面外科ー(分担執筆)金原出版
8
解剖学者が語る人体の世界ー日本解剖学会編ー(分担執筆)風人社
所属学会 日本解剖学会、岐阜歯科学会
賞  罰
2004年
岐阜歯科学会若手論文賞
2007年
日本人類学会学会功労賞
メッセージ
1
横口蓋ヒダは、哺乳類の硬口蓋にはこのヒダが数条あって、新生児では飲乳時に、離乳期からは食物の咀嚼時に老齢期には義歯と共に協力して咀嚼に役立つ装置である。
2
骨改造機構に関する血管床の動態変化は、骨形成・骨破壊の生理的又は病的状態の血中カルシウム量的変化を局所的に場の血管量の調査で検索するのに役立つこととなる。
3
舌接触補助床の病的症状に適切に適合して作成された装置は、適切に訓練 されれば重度の摂食障害や嚥下障害の障害機能の改善に大きく貢献する。
氏  名 森口 信子 (モリグチ ノブコ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 修士(臨床教育学) 武蔵川女子大学大学院臨床教育学研究科臨床教育学専攻・看護師
担当科目 小児看護学
主な論文
1
社会人を含む看護専門学校の事例研究 修士論文 2014
2
共著 長期気管内挿菅児の両親への援助 小児看護 vol 16  1993
賞  罰
1997年
兵庫県病院協会 表彰状
1997年
兵庫県知事 表彰状
1998年
兵庫県知事 感謝状
所属学会 日本小児看護学会、日本看護教育学会
メッセージ 看護はとても奥深く、また高齢化社会を迎え、ますます必要とされる分野です。小児・成人・高齢と人のライフサイクルに合わせた援助を学習していきましょう。皆さんの看護を目指された思いを大切に育てていけたらと思います。
氏  名 石田 美知 (イシダ ミチ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 修士(人間文化) 名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化専攻・看護師、助産師
担当科目 母性看護学
主な論文
1
看護学生の死生観構築を目指した教育の一考察 修士論文2008年6月
2
看護学生の死生観構築を目指した教育方法及び内容の検討 日本看護医療学雑誌2008年10月
3
看護学生の死生観構築を目指した「デス・エチデーション(生と死の教育)の試み
 名古屋市立大学大学院2008年10月
4
臨地実習でのプロセスからグループを育て、個人を育てる 看護教育、医学書院2004年10月
5
実戦能力を培う臨地実習から算出された学習成果と統合実習への展望 第43回日本看護学会2012年8月
6
実践能力を培う臨地実習から産出された学習成果と統合実習への展望
看護実践の科学、看護の科学社 2015.6月号
7
看護師長同行における看護管理実習でのマネジメントに関する学生の学び
第47回日本看護学会、2016年9月
所属学会 日本看護協会学会、日本母性衛生学会、日本看護医療学会、日本生命倫理学会、愛知県母性衛生学会
メッセージ 女性にとって妊娠・分娩は人生の中で忘れらない大切な出来事です。子どもを授かった喜びの反面、出産や子育ての不安も募ります。そのような揺れ動く心に寄り添い、母親となる女性にどのようなケアが提供できるのかを考えていくことが母性看護の役割だと考えています。母親になる方々に「子どもを産んで良かった」「子育てがんばろう」と思っていただけるような看護を提供できるように、皆さんと共に学べることを期待しています。
氏  名 山本 澄子 (ヤマモト スミコ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 修士(人間環境) 徳島大学大学院人間・自然環境研究科専攻・看護師、保健師
担当科目 基礎看護学
所属学会 日本衛生学会、日本看護研究学会
氏  名 清水 きよ子 (シミズ キヨコ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 修士(経営学)・看護師
担当科目 精神看護学
主な論文
1
看護マネジメントの確立と医療経営視点に関する研究(修士論文)
2
「管理ラダー」と「管理者研修」の連動による管理者キャリア開発(共著)2006年
3
看護マネジメントの視点からみた看護職の役割と貢献(単著)
第38回日本看護学会 論文集-看護管理-2007年
所属学会 日本看護研究学会、日本看護管理学会
氏  名 織田 龍美 (オダ タツミ)
職  位 看護学科 教授
学位・医療資格 学士(文学) 早稲田大学第一文学部・高等学校教諭専修免許
担当科目 英語
主な論文
1
「発信型」授業における話す力を育てる指導 岐阜県総合教育センター・研究紀要第30 2000年3月
メッセージ 「国際理解」、「コミュニケーション能力の育成」も英語の授業の大きな柱です。国際化の時代にあって、医療従事者として幅広く物事を見る目をもち、自己の意見をしっかり伝える能力を、教科書等を活用して身につけてほしいです。
氏  名 水木 幸子 (ミズキ サチコ)
職  位 看護学科 准教授
学位・医療資格 学士・看護師 国立療養所東名古屋病院附属看護学校卒業 佛教大学社会学部社会福祉学科(通信)卒業
認知症ケア専門士
担当科目 基礎看護学
主な論文
1
アトピー性皮膚疾患児の母親支援 第16回日本小児アレルギー学科
2
化学療法の悪心・嘔吐に対する鍼灸の有用性について 第31回日本看護学会成人看護Ⅱ
3
保湿効果のある洗口液の検討 第9回日本口腔ケア研究会東海
4
保湿洗口剤による口腔ケア 第11回意識障害治療学会
氏  名 浅井 佳士 (アサイ ケイシ)
職  位 看護学科 講師
学位・医療資格 修士(看護学) 名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻・看護師、社会福祉士、精神保健福祉士
介護支援専門員、第一種衛生管理者
担当科目 小児看護学
主な論文
1
共著 重症心身障がい児をもつ家族(主養育者)の在宅移行期における意識 修士論文 2014
2
単著 重症心身障がい児を育てる主養育者の養育観と援助のあり方
日本小児看護学会誌Vol.25 No3 P91-96 2015
3
単著 子どもの入院に付き添う母親の思いと看護師の援助に関する文献検討
岐阜保健短期大学紀要第5号 P30-40 2016
主な著書
1
共著 関連図からみた口腔ケア 永松書店 P57-64 2016
所属学会 日本小児看護学会、日本小児保健協会、日本重症心身障害学会
メッセージ 一緒に学び共に成長していきましょう。勉強やプライベートを含め、悩み事や困った事などあればいつでも相談しにきて下さい。
氏  名 池田 雅志 (イケダ マサシ)
職  位 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 講師
学位・医療資格 修士(保健学) 藤田保健衛生大学保健学研究科・理学療法士
担当科目 情報処理演習
主な論文
1
客観的臨床能力試験(OSCE)の評価における理学・作業療法専攻の相違 2010 修士論文
2
交差点のユニバーサルデザイン化 第25回東海北陸理学療法学術大会
2012 岐阜県理学療法士会学術誌16 30-32
3
客観的臨床能力試験(OSCE)の採点における理学・作業療法(PT・OT)専攻の類似点
第25回東海北陸理学療法学術大会
4
物理療法の今昔 豊田学園福祉専門学校紀要Vol.2006 pp14-21
5
虚弱高齢者モデルにおける車椅子坐位からの立ち上がり特性、医学と生物学第157巻第6号-2 1027-1030
6
コメディカル(理学・作業療法)における臨床能力試験:客観的臨床能力試験(OSCE)の評価における
理学・作業療法専攻の相違、医学と生物学第157巻第6号-2 1031-1036
7
実験実習が学生の知識の向上に及ぼす効果-医療系短期大学において行なった盲斑の描画実験から
-医学と生物学第157巻第6号-3 1305-1309
8
ヒトの聴覚器における音の増幅機構の理解度 ─岐阜県内高校出身の医療系短大生についての調査─
日本生物教育学会
所属学会 日本理学療法士協会、医学と生物学会、生物教育学会
メッセージ 理学療法士という職業は患者様の感謝で満ち溢れて、大変やりがいがある仕事です。色々な職業がありますが、このような職業は少ないと思います。是非、理学療法士を目指してください。
氏  名 岩島 隆 (イワシマ タカシ)
職  位 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 講師
学位・医療資格 修士(情報管理学) 朝日大学大学院経営学研究科情報管理学専攻・理学療法士
担当科目 情報処理論
主な論文
1
コメディカルの身だしなみが患者満足度に与える影響(岐阜県内4病院の事例)修士論文2011
2
共著静的ストレッチングと筋腱移行部圧迫(実験的ストレッチング)の比較検証
岐阜県理学療法士会学術誌 第16号:20-21,2012
3
共著交差点のユニバーサルデザイン化(地下道と横断歩道の利用者数の比較を通して)
岐阜県理学療法士会学術誌第16号2012
4
共著腓腹筋への筋圧迫が足関節可動域に与える影響 岐阜県理学療法士学術誌第17号 2013
5
入学時課題試験と1年次GPAの相関について 岐阜県理学療法士会学術誌第17号 2013
6
客観的臨床能力試験(OSCE)の採点における理学・作業療法(PT・OT)専攻の類似点 岐阜県理学療法士会学術誌第18号 2014
7
介護高齢者の足部機能が転倒に与える影響 岐阜保健短期大学紀要第3号 2014
8
Forward Lungeのステップ幅と下肢筋力との関係 岐阜保健短期大学紀要第3号 2014
9
Forward Lunguのステップ幅と下肢筋力との関係 岐阜保健短期大学紀要第3号 2014
10
下肢粗大筋力と運動耐容能との関連性の検討 岐阜県理学療法士会 学術誌第20号 2016
所属学会 日本理学療法士協会、日本ニューロリハビリテーション学会、日本リメディアル教育学会
メッセージ 理学療法士という仕事は思った以上に体力のいる仕事です。身体を使う仕事ですが、同時に頭も活動させなければなりません。病気や障害を持った方に対してどのように治療(理学療法)を進めていくのかどのように立ちふるまわなければいけないかを常に考える必要があります。学生の皆さんには「知識と技術、人として」をしっかり学んで頂きたいと思います。一緒に頑張りましょう。
氏  名 林 知義 (ハヤシ チヨシ)
職  位 看護学科 講師
学位・医療資格 修士(教育学) 鳴門教育大学大学院・臨床心理士
担当科目 人間関係論
主な論文
1
「登校拒否児の親の会」の意義 1993.1
所属学会 ぎふケア・コミュニケーター協会
氏  名 則竹 翔 (ノリタケ ショウ)
職  位 看護学科 助教
学位・医療資格 専門士・看護師 岐阜市立第2看護専門学校
担当科目 地域看護学
メッセージ 学生にとって精神や人の心のケアはよく分からないのというのが本音だと思います。今は分からない事は分からないで大丈夫です。ただ、分からないまま考えないというのをやめ、少しでも分かろうとするその姿勢を身に付けてもらいたいと私は考えています。大丈夫です、患者の事を思い着実に1つ1つ取り組んでいけば、看護師を志す皆さんになら卒業までには必ずその姿勢は身に付きますよ。一緒に頑張りましょう。
氏  名 岩田 しずか (イワタ シズカ)
職  位 看護学科 助教
学位・医療資格 専門士・看護師 愛知県厚生連更生看護専門学校
担当科目 成人看護学
メッセージ 共に知識・技術を学びながら、相手の立場に立った適切なコミュニケーションをとることの大切さを知って欲しいと思います。そして看護師という職業を通じて、いろんな人の心を癒したり、勇気や安心を与える光になれる人に育っていかれることを願っています。
氏  名 佐々木 智恵 (ササキ チエ)
職  位 看護学科 助教
学位・医療資格 准学士(看護学) 岐阜大学医療技術短期大学部看護学科・看護師
担当科目 成人看護学
メッセージ さまざまな相手を対象とする看護においては、教科書のみならず日常の様々な事柄が学びにつながると思います。そのため、豊かな人間性・感性を育んでいくために人と人との関わりはとても大切です。学びは一生のものであり、皆さんと一緒に学びを続けていきたいと思っています。
氏  名 久保田 里奈 (クボタ リナ)
職  位 看護学科 助手
学位・医療資格 准学士(看護学) 岐阜大学医療技術短期大学部看護学科・看護師
担当科目 高齢者看護学
主な論文
1
不眠への耳穴丸圧法の試み 岐阜大学医学部付属病院での研究結果から
ナーシングトゥディ、18(5)、79-81、2003
メッセージ 看護の「看」は「目」と「手」からなっております。観察する「目」、そして触れる「手」、その温もりで、看護の本質である『あらゆる健康レベルの人々の可能性に働きかけること』ができるよう共に看護を学んでいきたいです。
氏  名 髙木 由美 (タカギ ユミ)
職  位 看護学科 助手
学位・医療資格 准学士(助産学) 名古屋大学医療技術短期大学部助産学特別専攻・看護師、助産師
担当科目 地域看護学
氏  名 安田 仁代 (ヤスダ ヒトヨ)
職  位 看護学科 助手
学位・医療資格 専門士・看護師 愛知県立総合看護専門学校 介護支援専門員、第一種衛生管理者
担当科目 精神看護学
氏  名 長谷川 優子 (ハセガワ ユウコ)
職  位 看護学科 助教
学位・医療資格 准学士・看護師
担当科目 看護学実習
所属学会 日本看護学教育学会
氏  名 五島 敬子 (ゴシマ ケイコ)
職  位 看護学科 助手
学位・医療資格 専門士・看護師 岐阜大学医学部附属看護専門学校
担当科目 成人看護学
メッセージ 成人看護学実習の3週間は長いと思われるかもしれませんが、あっという間に終わってしまいます。学びたいという気持ちを常に持って積極的に実習に臨んでほしいと思います。一緒に頑張りましょう。
氏  名 西部 直美 (ニシブ ナオミ)
職  位 看護学科 助手
学位・医療資格 専門士・看護師 岐阜市立看護専門学校
担当科目 精神看護学
メッセージ 看護師になってからでは、味わえない事が多々あります。失敗を恐れず、常に好奇心を持って学んでいけると良いと思います。一緒に頑張りましょう。