岐阜保健短期大学

岐阜保健短期大学

トップページ >リハビリテーション学科

作業療法学専攻-カリキュラム・特色

リハビリテーションとは、障害を持つ方々が、住みなれた地域で、そこに住む人々と共に生き生きと豊かに生活することを援助する、医療・保健・福祉の総合的な支援体系をいいます。
本学のリハビリテーション学科には、理学療法学専攻、作業療法学専攻の2つの専攻があります。
教育理念

豊かな人間性と想像力を備えた資質の高い保健医療技術者を育成するとともに、地域に開かれた大学として生涯学習の機会を提供することにより、地域の人々の健康、福祉の向上に寄与する。
 理学療法士、作業療法士が関与する様々な分野での高度な知識や技術に精通した専門職を養成するとともに、人間性の豊かな自己実現に向けて前向きな努力を示す「人」の育成を目的とする。そのためには、「人の理解」「人との協力」「人の科学的分析」の視点で教育を進めることにより、高齢化、国際化、情報化と社会情勢の変化に的確に対応できる知識・技術と豊かな人間性を兼ね備えた保健医療技術者を育成することをめざす。

教育目標
  1. 人間と社会に対する深い理解と生命の尊厳の認識を深め、人としての権利を尊重できる
      保健医療技術者の育成。
  2. 高度・専門医療に対応し得る幅広い知識・技術を備えた保健医療技術者の育成。
  3. 進んで自ら学ぶ精神と態度を身につけ、高齢化、国際化、情報化等、時代の変化に的確に
      対応できる保健医療技術者の育成。
  4. 保健医療チームの一員として他職種と協調し、自ら考え積極的に保健医療活動を実践できる
      保健医療技術者の育成。
リハビリテーション学科からのメッセージ
医療、保健、介護の分野を統合する福祉は、今の日本がこれからの国造りの最重要課題として取り組む分野と言っても良いでしょう。よりよい生活を保障する福祉国家の実現には、その屋台骨を支えるリハビリテーション医療(以下リハ医療)の担う役割の重要性がますます高まっています。

従来のリハ医療は、残存能力の再開発、社会復帰の促進などが主な目的でしたが、今では、早期発見、疾病の進行予防から病気にかからない体づくりのための健康増進という、国民の積極的参加型の予防医学への参画が求められるようになってきています。これは、全人的アプローチを必須とする医療であり、これからのリハ医療に従事する者にとって大いに求められるところであります。
 全人的とは、「その人らしさ」と言い換えてもいいのではないかと思います。全人的アプローチとは、その人のあるべき姿を取り戻し、その人らしい人生を送ることができるよう援助すること。その人らしさを見出し、育てることの幸せを感じてもらえるようサポートすることだと考えています。リハ医療は、人の人生に関わる大変ですが、魅力ある医療です。
 当学科は、臨床、教育、研究において経験豊かな教員が「望まれる人格形成の確立」をテーマに、学生の皆さんとともに豊かで、実りある、温かな大学作りを目指します。
リハ医療の担い手として、若い皆さんの活力が必要です。リハ医療の魅力を知りつくした教員と志を同じとする元気な学生が皆さんをサポートします。一度、岐阜保健短期大学の門をノックしてみてください。共に育み、共に歩むことの素晴らしさを感じてください。