岐阜保健短期大学

岐阜保健短期大学

トップページ リハビリテーション学科>作業療法学専攻-カリキュラム・特色

作業療法学専攻-カリキュラム・特色

作業療法士の仕事とは
主体的な生活の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す
作業活動を用いて治療・指導・援助を行う仕事です。

工芸、手芸、陶芸、簡単なゲーム、その他の生活動作等、いろいろな作業を通じて、日常生活に必要な動作が出来るように機能の回復・向上を図ります。 また、高齢者や障害の進行に対する、機能の低下予防も大切な役割です。そのための道具の開発やプログラムの考案など、さまざまな工夫が求められる仕事です。

本学の特色
作業療法士は、病院や施設から地域・家庭でのリハビリまでを含めた高度で幅広い作業療法の学習を行い、障害を持つ人達の視点に立って援助が行える専門職を育成します。

作業療法士には解剖学や生物学など基本医学系の知識や臨床医療系に関する知識が不可欠です。そのため、医療に関する講義や様々な症例や最新情報を通じて、臨床に役立つ知識を学びます。
作業療法治療学では、知識や技法を幅広く学び、医療福祉に貢献する人材を育てます。

カリキュラム
年次 1年次 2年次 3年次
授業
区分
前期 後期 前期 後期 前期 後期
総合科学科目
  英語Ⅰ(英会話・基礎)
  情報処理論
  人間関係論
  人間と文学
 ○岐阜の風土と生活
 ○法律と人間
 ○生命の科学
  英語Ⅲ (英文読解)
  情報処理演習
  保健科学の演習
 ○現代社会と人間
 ○国際関係論
 ○科学技術と環境
  英語Ⅱ (英会話・応用)
 ○人間と哲学
 ○教育と人間
  医学英語
 ○人間と芸術
   
専門基礎科目
  解剖学
  人間発達学
  病理学
  生理学Ⅰ (総論)
  生理学Ⅱ (各論)
  公衆衛生学
  一般臨床医学
  リハビリテーション医学
  リハビリテーション概論
 ○社会福祉概論
  解剖学
  解剖学実習
  機能解剖学
  生理学実習
  運動学
  内科学
  小児科学
  老年学
 ○ケアマネージャー論
  整形外科学
  神経内科学
  機能解剖学実習
  運動学
  整形外科学
  神経内科学
  精神医学
  臨床心理学
  運動学実習
   
専門展開科目
  作業療法治療学概論Ⅰ
  作業療法治療学概論Ⅱ
  作業療法治療学概論Ⅲ
  基本作業療法学
  作業療法評価概論
  作業療法評価検査・
     測定論I
 作業療法評価検査・
      測定論Ⅱ
 作業療法評価実習
 作業学Ⅰ
 作業学Ⅱ
 日常生活活動学
 義肢装具学
 作業療法治療学Ⅰ
  (中枢神経系障害)
 作業療法治療学Ⅱ
  (整形外科系障害)
 作業療法治療学Ⅲ
  (神経難病系系障害)
 地域リハビリテーション

 スプリント
 スプリント制作実習
 作業療法評価演習
 作業療法評価実習
 日常生活活動実習
 作業療法治療学Ⅳ
  (内部疾患系障害)
 作業療法治療学Ⅴ
  (小児疾患系障害)
 作業療法治療学Ⅵ
  (呼吸摂食障害)
 作業療法治療学Ⅶ
  (神経障害)
 生活環境学
 リハビリテーション
     関連機器
 臨床実習Ⅱ (評価)
 臨床実習Ⅲ (応用)
 臨床実習Ⅲ (総合)
 臨床実習Ⅲ (応用)
 臨床実習Ⅲ (総合)
 総合演習

                                                (○印は選択科目)

 ■平成28年度シラバス (作業療法学専攻)PDFアイコン