岐阜保健大学

menu

新着情報

2022/10/18

豊田学圃・岐阜保健大学SDGs宣言

― 豊田学圃・岐阜保健大学SDGs宣言 ―

 

 豊田学園・岐阜保健大学(以下、「本学園」という)は「濃山飛水」と形容される岐阜県に位置し、豊かな緑と井水に恵まれた環境と風土のなかにあり、人の命を守る医療人の養成を目的として教育を行っている。

 しかし、現代の世界は混迷の度を増し、紛争や暴力、貧困や格差の拡大など、複雑で相互に関連する課題が国境を越えて多くの人々の命と尊厳を脅かしている。さらに、地球上では気候変動や環境汚染により、地球の回復力が限界を超え、様々な災厄をもたらすことが懸念されている。こうした世界が緊急に取り組むべき課題の解決を導くために、国際連合加盟国は2015年9月、「持続可能な開発目標(SDGs)」に合意した。大学にとっても、国際社会が掲げる目標に対して新たな指針を提示できる人材や、混迷の度を増す国際社会において、地域社会や国際社会で貢献し、活躍できるような人材の育成に取り組むことが急務となっている。

本学園では、SDGsが目標とする社会の実現に向けて、人材の育成を通じ、また、知の探求を通じて、地域をつくり、地域をむすび、そして、未来へつないでいくことを使命として、全力をもって取り組んでいくことをここに宣言します。

2022年10月

 

 

― 環境宣言 ―

 

 岐阜保健大学(以下、「本学」という)は山紫水明の自然環境に恵まれた岐阜市の西南部に位置し、豊かな緑と清冽な湧水に恵まれた環境と風土のなかにある。

 本学では環境保全と持続可能な社会の構築が地域、社会、世界にとっての最重要課題のひとつであるとの認識に立ち、岐阜保健大学SDGS宣言をふまえ、本学におけるあらゆる教育及び大学活動において環境保全に努め、学生と教職員が協働した持続的な環境モデルとして「エコ・キャンパス」の創造と発信を行う。

【方針】

1)環境関連法令を遵守し、自然保護及び水環境の保全、エネルギー使用の効率化、資源の有効活用等を推進する。

2)環境の共生と調和を目指した教育を行い、持続可能な社会に貢献できる人材を育成する。

3)「エコ・キャンパス」の実現に向け、節電・節資源の目標の設定及び環境改善を図る。

2022年10